熱中症対策について

公開日 2022年06月23日

 熱中症に気をつけましょう!

 熱中症とは、高温多湿な場所で、体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温調節機能がうまく働かないことで、体内に熱がたまって起こります。
 屋外だけでなく、室内で何もしていないときでも発症し、救急搬送されたり、場合によっては死にいたることもあります。
 熱中症はきちんとした対策をとれば防ぐことができます。正しい知識を身に付け、熱中症による健康被害を防ぎましょう。
 

熱中症の症状

軽度 めまい、立ちくらみ、筋肉痛、汗が止まらない
中度 頭痛、吐き気、体がだるい(倦怠感)、虚脱感
重度 意識がない、けいれん、高い体温、呼びかけに対し返事がおかしい

 

熱中症の予防法

♦暑さを避ける
・扇風機やエアコンで室温を調整
・日陰の利用、こまめな休憩
・日傘や帽子で直射日光を避ける
・通気性のよい、吸湿・速乾の衣服を着用

♦体調管理に注意する
・こまめな水分補給
・体調の悪い日は外出をできるだけ控える
・汗をかいたときには塩分の補給も忘れずに

熱中症になった時の処置

<呼びかけに応えるとき>
① 涼しい場所へ避難させる
② 衣服をゆるめ、身体を冷やす
③ 水分や塩分を補給する

<呼びかけに応えない時>
① 救急隊の要請をする
② 涼しい場所へ避難させる
③ 衣服を脱がせ、身体を冷やす
④ 医療機関に搬送する

特に注意が必要な方

♢高齢者
高齢者は暑さや喉の渇きに気づきにくい傾向があるので、室内でも熱中症になることがあります。室内に温度計を置き、こまめな水分補給を心がけましょう
   

高齢者のための熱中症対策[PDF:3MB]

♢幼児
幼児は体温の調節機能が十分に発達していないため、特に注意が必要です。晴れた日は地面に近いほど気温が高くなるため、大人以上に暑い環境にいます。
普段から体調をよく観察して、ちょっとした子どもの変化に気をつけましょう。

♢肥満の人・体調の悪い人・持病のある人・暑さに慣れていない人
  

新しい生活様式で熱中症予防

新しい生活様式とは、新型コロナウイルス感染防止の3つの基本である 
①身体的距離の確保 ②マスクの着用 ③手洗いの実施や「3密(密集・密接・密閉)」を避ける、等を取り入れた日常生活のことです。

マスクの着用により、熱中症のリスクが高まりますので、上手にマスクをはずし、熱中症を予防しましょう。 

  
  
  新しい生活様式[PDF:599KB]

関連リンク

熱中症予防のための情報・資料サイト(厚生労働省)←Click!
熱中症に関する詳しい情報(環境省)←Click!

お問い合わせ

健康づくり支援課
TEL:0293-43-1111