【実施期間延長】大人の風しん抗体検査及び予防接種のご案内

公開日 2021年01月23日

  【本事業の概要】

 厚生労働省は、平成30年の風しんの流行を受け、同年12月に、風しんに係る公的接種を受ける機会がなかった昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性に対し、風しん抗体検査及び予防接種(風しん第5期予防接種)を行うこととしました。この対策の実施期間が令和6年度まで延長となりました。

 実施にあたっては、まず風しん抗体検査を行い、検査結果が一定の基準を満たさない「陰性」の方が、風しん第5期定期予防接種の対象者となります。

1.対象者

北茨城市に住民登録があり、昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性

※注:ただし、既に抗体がある方(風しん罹患歴のある方等)、MRワクチンまたは風しんワクチンを2回接種している方等はすでに抗体がついていると考えられるので、検査及びワクチン接種の必要はありません。

〈無料クーポン券について〉

 対象の方へ抗体検査及び予防接種を受けるのに必要な無料クーポン券を令和2年3月までに送付しています。

 クーポン券の有効期限が延長になりました。お手元にある有効期限を過ぎたクーポン券はそのままご使用いただけます。

◎対象者のうち、以下の方は、健康づくり支援課へお問い合わせのうえ、クーポン券の発行を受けてください。

 電話申し込みにより郵送が可能です。

・クーポン券を紛失された方

・令和2年3月末以降に北茨城市に転入されてきた対象者

問合・申込先】北茨城市役所健康づくり支援課 0293ー43−1111(内線195〜198) 

2.実施期間

令和7年2月末まで  

3.実施方法

1.実施機関(医療機関、健診実施機関等) に予約してください。

2.クーポン券をご持参の上、風しんの抗体検査を実施します。(抗体検査が判明するまでに数日かかります。)

3.抗体検査の結果、「陰性」だった場合クーポン券を使用し、MR(麻しん風しん混合)ワクチンを1回接種します。

 4.費用

無料(※ただし、クーポン券を持参しなかった場合は有料となりますのでご注意ください。) 

5.実施場所 

以下のいずれかにお申し込みください。

(1)事業所健康診査会場(勤務先の健康診断時)

(2)特定健康診査会場(国民健康保険加入者のみ)

(3)人間ドック

(4)全国の医療機関

→厚生労働省HP:風しん抗体検査・風しん第5期定期接種受託医療機関をご確認ください。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/rubella/index_00001.html

6.抗体検査検査及び予防接種に必要なもの

〈抗体検査に必要なもの〉

・本人確認書類・・・・・・生年月日や住所の印字があり、本人確認できるもの(運転免許証、マイナンバーカード等)

・クーポン券・・・・・・・・・必ず住民票のある市町村が発行したもの →無料クーポン券について〉をご覧ください。

・抗体検査受診票・・・・3枚複写の問診票です。記入して検査時に提出してください。

〈予防接種に必要なもの〉

・本人確認書類・・・・・・生年月日や住所の印字があり、本人確認できるもの(運転免許証、マイナンバーカード等)

・クーポン券・・・・・・・・・必ず住民票のある市町村が発行したもの →〈無料クーポン券について〉をご覧ください。

・予防接種予診票・・・・クーポン券に同封して郵送しています。3枚複写の問診票です。記入して検査時に提出してください。

・風しん抗体検査結果通知書

風しんとは

風しんウイルスの感染者の飛沫(唾液のしぶき)などによって他の人にうつる、感染力が強い感染症です。妊娠早期の妊婦さんが風しんに感染すると、出生児が先天性風しん症候群(眼や耳、心臓に障害が出る)になる可能性があります。また、大人になって感染すると無症状〜軽症のことが多いですが、まれに危篤な合併症を併発することがあります。感染を拡大させないためには、社会全体が免疫を持つことが重要です。 

お問い合わせ

健康づくり支援課
TEL:0293-43-1111