消火器の破裂事故に係る注意喚起について

公開日 2021年06月29日

消防法で消火器の設置が義務付けられている事業所の方へ

設置してある その「消火器」、点検してありますか?消防署へ点検の実施報告をしていますか?

「消火器の設置が義務付けられている事業所」は、「消防署への点検報告」が「義務付けられています」。

規定に違反すると「罰則」の対象となります。

 

古い消火器の取り扱いにはご注意を!

本体が、腐食し(サビ)た消火器の取り扱いには、十分注意してください。

古く、腐食した消火器を使用すると、破裂等の事故が発生する恐れがあります。

屋外や湿度の高い場所には置かないなど、維持管理を徹底しましょう。

 

その消火器、ゲージがあるタイプ?

消火器にはゲージ(圧力計)がある「蓄圧式消火器」と、ゲージが無い「加圧式消火器」があります。

加圧式消火器は、レバーを握ると本体の中のボンベに穴が空き、ボンベ内のガスが無くなるまで放射が止まりません。

蓄圧式消火器は、あらかじめ本体にガスの圧力がかかっていますので、レバーを離せば放射が止まります。

本体内のボンベに穴が空いた際の圧力に、腐食した本体が耐えられないため、破裂事故は「加圧式消火器」に多いと言われています。

ご自宅に消火器を設置されている方は、買い替えの際は「蓄圧式消火器」をオススメします。

詳しい消火器についてのお話は、、、

https://www.jfema.or.jp/about/katashiki ←(一財)日本消火器工業会

お問い合わせ

消防本部予防課
TEL:0293-42-0119