副反応が起きた場合

公開日 2021年04月01日

ワクチン接種後に副反応が起きた場合

一般的に、ワクチン接種では、副反応による健康被害(病気になったり障害が残ったりすること)が、極めて稀であるものの、なくすことができないことから救済制度が設けれられています。

新型コロナワクチンの接種についても、健康被害が生じた場合には、予防接種法に基づく救済を受けることができます。

救済制度の内容については、厚生労働省ホームページ(外部サイトへリンク)をご参照ください。

 

また、茨城県では、接種後の副反応についての相談に対応したコールセンターを開設しています。

■茨城県新型コロナワクチンコールセンター(副反応相談窓口)

 電話番号   029−301−5394
 受付時間  24時間対応(土日・祝日も実施) 

 

お問い合わせ

健康づくり支援課
TEL:0293-43-1111