Jアラートを利用した緊急情報伝達訓練が行われます

公開日 2024年05月09日

  令和6年5月22日(水)午前11時に、全国瞬時情報システム(Jアラート)を利用した緊急情報伝達訓練が行われます。
 当日は防災行政無線から、以下の内容が放送されます。

 ※訓練のため、サイレンは流れません。

放送内容

 チャイム

 +「これは、Jアラートのテストです」×3回

 +「こちらは、防災北茨城です」

 +チャイム

Jアラートとは

 地震・津波や武力攻撃等の緊急情報を、国から市区町村へ、人工衛星を通じて瞬時に伝達するシステムです。
 防災行政無線やエリアメールを通して、情報の伝達を行います。

弾道ミサイル落下時の行動について(内閣官房 国民保護ポータルサイトより)

 弾道ミサイルは、発射からわずか10分もしないうちに到達する可能性もあります。ミサイルが日本に落下する可能性がある場合は、国からの緊急情報を瞬時に伝える「Jアラート」を活用して、防災行政無線で特別なサイレン音とともにメッセージを流すほか、緊急速報メール等により緊急情報をお知らせします。

 メッセージが流れたら落ち着いて、直ちに行動してください。

  • 近くの建物の中か地下に避難(屋外にいる場合)
  • 物陰に身を隠すか、地面に伏せて頭部を守る。(建物がない場合)
  • 窓から離れるか、窓のない部屋に移動する。(屋内にいる場合)

 詳しくは、下記チラシや内閣官房 国民保護ポータルサイトをご確認ください。

 内閣官房 国民保護ポータルサイト

 

関連ワード

お問い合わせ

総務課
TEL:0293-43-1111