農作業中の熱中症にご注意ください

公開日 2022年05月18日

農作業中の熱中症にご注意ください

農作業中の熱中症による死亡者は、過去10年間の農作業中の熱中症による死亡事故をみると、その8割以上が7〜8月に集中しております。

本年は、6月21日に気象庁が発表した3ヶ月予報においても、平均気温が全国的に平年よりも高くなるとの見通しが示されており、今後は更に農作業中の熱中症に注意が必要です。

また、農業従事者の中には、熱中症の具体的な症状がわからず、自ら認識しないうちに熱中症にかかっている方が多くいます。特に、高齢農業従事者は脱水しやすいため、こまめな水分と塩分の補給や周囲の方が協力して休憩の声掛けを行うなど、地域ぐるみで熱中症対策に取り組みましょう。

今年も新型コロナウイルスの感染症対策を講じながら農作業を行うことが必要となりますが、屋外や外気の流入が妨げられないハウス内では、身体的距離(※2m以上を目安)が確保できない中で会話を行う場合を除き、マスクの着用は必要ないとされておりますので、ご承知おきください。。

熱中症予防に取り組むにあたって、農林水産省が熱中症予防グッズについて取りまとめておりますので、是非ご参考ください。

http://www.maff.go.jp/j/kanbo/sagyou_anzen/catalog.html

お問い合わせ

農林水産課
TEL:0293-43-1111