北茨城市耐震改修促進計画の改定について

公開日 2016年04月01日

 北茨城市では、安心・安全なまちづくりを推進するため、平成20年3月に「北茨城市耐震改修促進計画」を策定し、平成27年度を計画期間の最終年度として建築物の耐震化を進めてきました。 

 

 国では、平成23年3月11日に発生した東日本大震災を踏まえ、今後予想される南海トラフの巨大地震や首都直下地震における被害軽減を図るため、平成25年11月に「建築物の耐震改修の促進に関する法律」の改正法を施行し、耐震化促進のための規制強化を行っております。  

 これらを踏まえ、平成28年度には住宅や特定建築物(多数の者が利用する施設等)などの耐震化率の目標を95%とするなどの改定を行い、「北茨城市耐震改修促進計画」を改定しました。 

 本計画により、建築物の所有者への助言・指示等の耐震化の促進に係る啓発をはじめ、耐震診断・改修にかかる支援など、総合的、かつ計画的に耐震化をさらに促進し、市民の誰もが、安全で安心して快適に暮らせるまちづくりに取り組んでまいります。 

 

計画の要旨

(1)計画の目的

 この計画は、市内の既存建築物の診断とその結果に基づく耐震改修を促進することにより、既存建築物の耐震性能の向上を図り、今後予測される地震災害から市民の生命等を守ることを目的として策定しました。

(2)計画期間

 国による「建築物の耐震改修の促進に関する法律」に基づく「基本方針」の見直しにより、茨城県の定める「茨城県耐震改修促進計画」において令和2年度までとしている計画期間を1年延長し、令和3年度までとされたことに伴い、現行の「北茨城市耐震改修促進計画」も同様に計画期間を1年延長し、令和3年度までとします。

  次期「北茨城市耐震改修促進計画」の策定については、国による「基本方針」及び県による「茨城県耐震改修促進計画」の内容を踏まえ、令和3年度以降に策定予定です。

  

現  計  画  期  間 : 平成28年度から令和2年度まで

変更後 計画期間 : 平成28年度から令和3年度まで

 

(3)計画の内容

  この計画では、住宅及び特定建築物に関する耐震化の目標と耐震化を推進するための施策等を定めています。 

   建築物の耐震診断及び耐震改修の実施に関する目標

   建築物の耐震診断及び耐震改修の促進を図るための施策について

   建築物の耐震安全性の向上に関する啓発及び知識普及について

   耐震化を促進するための指導や命令等について

 

(4)計画本文

  北茨城市耐震改修促進計画(令和3年3月一部改訂)[PDF:822KB] 

  北茨城市耐震改修促進計画(概要版).pdf[PDF:171KB]

 

 ※北茨城市耐震改修促進計画を改定するにあたり意見の募集を行いましたが、寄せられた意見はありませんでした。

関連ワード

お問い合わせ

都市計画課
TEL:0293-43-1111