子育て一番北茨城

妊娠から出産まで

中学3年生まで医療費が無料です

マル福・北福 医療費助成制度の拡充

茨城県の制度

医療福祉費支給制度(マル福)とは、小児・妊産婦・ひとり親家庭・重度心身障がい者などの受給対象者の方が、健康保険を使って医療機関等にかかった場合、一部負担金を、県と市の公費で助成する制度です。
この制度には所得制限があります。
医療機関等で受診する場合は、医療福祉費受給者証(白色)と健康保険証を提示してください。

北茨城市独自の制度

市では、所得制限の撤廃や、対象年齢・対象疾病の拡大を実施しています。(北福)
所得制限による小児マル福非該当の方及び中学生の外来や、産婦人科を標榜していない医療機関を受診した際の妊産婦の自己負担分を超えた医療費を助成します。
北福の小児医療福祉費受給者証は緑色です。

担当課:保険年金課
くわしく見てみる

第1子・第2子の出産に「子育て世帯応援商品券」を贈呈します

子育て世帯応援商品券の贈呈【北茨城市単独事業】

当市では、平成28年4月1日より、出生されたお子さんに対し「子育て世帯応援商品券」を贈呈いたします。
お子様お1人につき、1万円分の商品券となっており、子育てに係る経済的な負担を軽減し福祉の増進に資するとともに、商品券の流通により地域経済の活性化を図ることを目的としています。

申請方法

  • 子育て支援課にて申請書を提出してください。支給要件等の審査後、支給決定通知と合わせて商品券を簡易書留にて送付いたします。

受給資格

  • 父または母のいずれかが出産の日前1年以上北茨城市に住所を有していること。
  • 市税等に滞納がある場合や市外に転出している場合は支給されません。

申請期間

  • 対象児童の出生日から1歳の誕生日を迎える前日まで。
  1. こちらの商品券は平成28年4月1日より出生された第1子・第2子のお子さんに対し贈呈します。第3子以降は出産祝金の申請になります。(子育て応援商品券と出産祝金の重複支給はありません)
  2. 申請をいただいた商品券につきましては、通知発送までの間お時間をいただくことがありますので、あらかじめご了承ください。

担当課:子育て支援課
くわしく見てみる

第3子以降の出産に出産祝金を支給します

出産祝金の支給【北茨城市単独事業】

当市では、時代を担う児童の健全育成・多子養育の負担軽減を図るため、第3子以降の出産に対し、出産祝金を支給します。
第3子には10万円、第4子には30万円、第5子以降には50万円となります。

受給資格

  • 父または母のいずれかが出産の日前1年以上北茨城市に住所を有していること。
  • 現に18歳までの児童を2人以上養育し、第3子以降を出産し養育すること。
  • 市税等に滞納がある場合や市外に転出している場合は支給されません。

担当課:子育て支援課
くわしく見てみる

母子健康手帳の交付

妊娠がわかったら主治医に出産予定日を確認してすみやかに妊娠届を提出し、母子健康手帳の交付を受けてください。この手帳は、妊娠の経過やお子さんの乳幼児期の発育状況、予防接種の摂取状況等を記録するものです。また、妊婦・乳児健康診査受診票(市が一部を補助します)や新生児訪問依頼書等を併せて発行します。大切に保管してください。

交付申請窓口

市役所健康づくり支援課、各市民サービスセンター

担当課:健康づくり支援課
くわしく見てみる

妊婦一般健康診査費助成

妊娠の時期によって、さまざまな検査をを受けることができます。費用は14回まで市が一部を補助しますのでご利用ください。

里帰り出産をされる方へ

県外の医療機関で受診票を使用される場合は、里帰りする前に申請に関する説明をしますので健康づくり支援課へ直接またはお電話でお問い合わせください。

担当課:健康づくり支援課
くわしく見てみる

妊婦教室(プレママプラス)

対象:市内に居住する妊婦
場所:保健センター
持参品:母子健康手帳、筆記用具、動きやすい服装
スタッフ:助産師、保健師、管理栄養士、歯科衛生士
申込:健康づくり支援課

担当課:健康づくり支援課
くわしく見てみる(PDF)

両親学級(プレパパスクール)

対象:市内に居住する夫婦
場所:保健センター
持参品:母子健康手帳、筆記用具
スタッフ:保健師
申込:健康づくり支援課

担当課:健康づくり支援課
くわしく見てみる(PDF)

児童手当

中学3年生までの児童を養育している人に対して手当てが支給されます。

担当課:子育て支援課
くわしく見てみる

いばらき Kids Club カード

妊娠中の方または18歳未満のお子さんがいる世帯に協賛店舗で使用できる優待カードを発行します。

担当課:子育て支援課
くわしく見てみる