母子健康手帳の交付

2008年4月8日

母子健康手帳について

妊娠の診断がついた方は、母子健康手帳の交付を受けましょう。
この手帳は、妊婦健診・出産状況・乳幼児健康診査・予防接種などお子さんの成長や健康状態などを記録する大切なものです。
なお、妊婦一般健康診査受診票(14回分)の助成・乳児一般健康診査受診票(2回分)の助成を一綴りにして同時に交付しますので、有効にご活用ください。

妊婦一般健康診査の助成

妊娠中の健康診査において公費で14回分、指定医療機関で利用することができます。

乳児一般健康診査の助成

生後6~7か月と9~10か月の乳児は健康診査を指定医療機関で利用することができます。

母子健康手帳の交付手続きについて

健康づくり支援課の窓口で発行します。妊娠届書と妊婦健康管理表をご記入いただきますので、受診している医療機関名や出産予定日などをひかえてきてください。

 

マイナンバー制度開始に係る妊娠届出について

平成28年1月より、妊娠届に個人番号をご記入していただくことになりました。通知カード、本人確認書類(免許証、健康保険証、妊娠証明書等)にて確認が必要に

りますので、ご持参のうえ、ご来所下さい。

 

その他

妊産婦マル福

母子手帳の交付を受けた妊産婦の方は妊産婦マル福の対象(所得による制限がございます)となりますので手続きを行って下さい。
詳しくはこちらをご覧ください。

いばらきKids Clubカード

  いばらきKids Clubカードをお持ちでない方にはカードを交付いたします。
  いばらきKids Clubカードについてはこちらのページをご覧下さい。

  http://www.kids.pref.ibaraki.jp/~kids/pcstyle/card.html

 

お問い合わせ

健康づくり支援課
(内線:195から197)
電話:0293-43-1111