令和4年就業構造基本調査へのご協力をお願いします

公開日 2022年08月09日

令和4年10月1日現在で、就業構造基本調査を実施します。

就業構造基本調査は、国が実施する調査のうち、統計法により特に重要なものとされる「基幹統計調査」として実施する調査です。

昭和31年から昭和57年までは概ね3年ごと、それ以降は5年ごとに実施されている調査で、今回が18回目にあたります。

調査の結果は、国の基本的な方針決定の基礎資料として活用されるほか、地方公共団体における雇用対策などの各種施策に利用されます。

調査の概要

 調査の目的

 国民の就業及び不就業の状態を調査し、全国及び地域別の就業構造に関する基礎資料を得ることを目的としています。

 調査期日

 令和4年10月1日(土)

 調査の対象

 令和2年国勢調査調査区のうち総務大臣が指定する調査区から、無作為に選ばれた世帯の15歳以上の世帯員を対象とします。

 北茨城市では10調査区が対象となります。

 

 調査事項

 次のような事柄について調査します。

 (1)すべての人について

  ア 男女の別、出生の年月などの基本事項について

  イ 訓練・自己啓発について

  ウ 育児・介護の状況について

 (2)ふだん仕事をしている人について

  ア 主な仕事について

  イ 主な仕事以外の仕事について

  ウ 前職について

  エ 初職について

 (3)ふだん仕事をしていない人について

  ア 就業の希望等について

  イ 前職について

  ウ 初職について

 【世帯に関する事項】

  ◆世帯全体の年間収入

  ◆年齢別世帯人員

調査の方法

 調査の流れ

  《1.準備調査》8月下旬から

    調査員が調査区内を巡回し、調査区内すべての世帯の状況(世帯主名や居住の有無など)を確認します。

    世帯にお伺いした際は、ご協力をお願いします。

  《2.実地調査》9月下旬から

    準備調査の結果をもとに、調査区から無作為に抽出された調査対象世帯に調査員が訪問し、調査書類を配布します。

  《3.調査票の回収》10月1日(土)から

   ※回答期限 10月10日(月・祝)

             

 

 回答方法

  次のいずれかの方法によりご回答ください。

            

 

  1.インターネットによるオンライン回答《おすすめ!》

    パソコンやスマートフォン、タブレットから、24時間いつでも回答可能です。

    回答する項目が自動で表示されるので、回答項目で迷うことなく、簡単にご回答いただけます。

    ご回答いただいた内容は暗号化され、厳重に管理されますので、安心してご回答ください。   

  2.紙の調査票を郵送で提出

  3.紙の調査票を調査員に提出

  ※回答期限(10月10日)までに回答が確認できない場合は、調査員がお伺いします。

  ◆インターネットで回答した内容や、調査票に記入した内容は、統計法によって厳重に保護されています。

   統計の作成に関連する目的以外に使用されることはありません。

 

 ◆かたり調査にご注意ください!!◆

  調査員は、必ず顔写真入りの「統計調査員証」を携帯していますので、ご確認ください。  

  銀行口座の情報や預金額などをお聞きすることは、絶対にありません。

  政府の統計調査を装った不審な訪問者や電話等にご注意ください。

 

 結果の公表

  令和5年7月以降、順次インターネットにて公表される予定です。

 関連サイトリンク

  令和4年就業構造基本調査(総務省統計局HP)

  令和4年就業構造基本調査キャンペーンサイト

お問い合わせ

企画政策課
TEL:0293-43-1111