関本町に小中一貫教育校を設置する理由は何か

2014年9月5日

関本町に小中一貫教育校を設置する理由は何か

関本町では地区全体で児童生徒数が減少し、学校の小規模化が進んでいます。

このようななか、関本町に学校を存続するためには、小規模校の課題を克服できる教育効果の高い環境づくりを進める必要があり、小中一貫教育校の設置は最善の方法と考えられます。

教育委員会では、小中一貫教育校を設置することにより、小学校と中学校の連携・接続の強化、一定の集団規模の確保などを通じて教育効果を高めることにより、小規模校の課題を解決したいと考えております。

現在の関本町では学校間の結びつきや学校と地域との連携が図られるなど、三校を同じ地域の学校として支える環境も整っており、また関本町に学校を残してほしいとの地域からの意見も寄せられております。

教育委員会では、以上のような理由から、関本町がこれまで培った文化を踏まえ、現在の関本中学校区の枠組みを維持した学校づくりを進めるため、小中一貫教育校の設置が望ましいと考えております。

お問い合わせ

教育総務課
(内線:451)
電話:0293-43-1111