2050年までに二酸化炭素排出量実質ゼロを目指す「ゼロカーボンシティ」に取り組むことを宣言します

2020年7月28日

ゼロカーボンシティ宣言の背景

地球温暖化を始めとする気候変動問題は、世界規模での対応が求められている地球上に生きるすべての生き物にとって避けることのできない喫緊の課題です。我が国においても、集中豪雨や台風等による自然災害の激甚化が近年顕著になってきています。

 こうした状況を踏まえ、2015年に合意されたパリ協定では「産業革命期からの平均気温の上昇幅を2℃未満とし、1.5℃に抑えるよう努力する」との目標が国際的に広く共有されました。また、2018年に公表されたIPCC(国連の気候変動に関する政府間パネル)の特別報告書では、この目標の達成には「気温上昇を2℃よりリスクの低い1.5℃に抑えるためには、2050年までに二酸化炭素の実質排出量をゼロにすることが必要」とされています。

それを受けて、北茨城市を会長として関東甲地域の40団体(73市町村)と民間事業者2社で構成(2020年4月時点)される「廃棄物と環境を考える協議会」では趣旨に賛同する各構成自治体が地球的規模の環境保全について積極的に取り組み、2050年までに二酸化炭素排出量の実質ゼロを目指すことを宣言し、その実現に向けた取り組みを推進してまいります。

宣言文

ゼロカーボンシティ宣言文(709KB)

 

ゼロカーボンシティに向けた北茨城市の主な取り組み【北茨城市地球温暖化対策実行計画(区域施策編)より一部抜粋】

(1)地球温暖化対策の推進に向けた人づくり・環境づくりを進めます

●学校等における環境教育、出前講座等における環境学習、市民夏まつり等イベントにおける環境情報及び環境にやさしい取組の紹介など、温室効果ガス排出量削減に向けた行動促進をはじめ、さまざまな環境問題に対する意識の向上を図ります。

●学校施設等で導入した太陽光発電システムを活用し、子どもたちの環境意識の向上に役立てます。

●地域での地球温暖化防止活動を実践・啓発するために茨城県から委嘱されている「茨城県地球温暖化防止活動推進員」の活動を支援し、地球温暖化防止への普及に努めます。

(2)CO2削減につながる暮らし方や事業活動を広めます

●緑化や緑のカーテン、雨水を利用した打ち水など自然の力を活用した省エネ生活を推進します。

●森林の二酸化炭素吸収機能を向上させるため、間伐、下刈り、植林等を実施するなど森林の保全・管理を推進します。

●エコカーやエコドライブに関する適切な情報提供やセミナーの開催により、自家用車や社用車の買い替えの際に、より環境性能の高いエコカーの導入や正しいエコドライブ実践者の増加を図ります。

(3)再生可能エネルギーや効率的なエネルギー利用を進めます

●太陽光発電システム等の設置を推進し、自然エネルギーを活用する機器の普及を促進していきます。

●公共施設への太陽光発電システムの導入を進め、市民に対する環境学習にも活用します。

●工場や施設における廃熱等を利用してエネルギーを創出するなど、リサイクルエネルギーの利活用を推進します。

●循環型社会形成の推進として、高萩市と北茨城市の2市共同により広域ごみ処理施設を整備します。

(4)地球温暖化に関する情報収集や適応策を進めます

●地球温暖化に関して、さまざまな情報を入手し、市民に分かりやすく情報を提供します。

●北茨城市における温暖化の影響についての知見・情報の収集に努め、適応策の検討・実施を進めます。

関連リンク

環境省_地方公共団体における2050年二酸化炭素排出実質ゼロ表明の状況

お問い合わせ

生活環境課
環境政策係(内線373)
電話:0293-43-1111