感染が疑われる場合には(R2.7.2更新)

2020年7月2日

心配な症状がある場合は帰国者・接触者相談センターへ

症状があり新型コロナウイルスの感染が疑われる場合は、日立保健所(帰国者・接触者相談センター)へ連絡してください。

新型コロナウイルス感染症に関する電話相談窓口について(茨城県HP)(外部リンク)

新柄コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安(厚生労働省)(外部リンク)

相談後、医療機関にかかる時のお願い

帰国者・接触者相談センターでご相談の結果、新型コロナウイルス感染の疑いがある場合には、専門の「帰国者・接触者外来」を紹介しています。マスクを着用し、公共交通機関の利用を避けて受診してください。

なお、現時点では新型コロナウイルス感染症以外の病気の方が圧倒的に多い状況であり、インフルエンザ等の心配がある場合には、通常と同様にかかりつけ医等にご相談ください。

また、発熱等の風邪症状が見られたら、毎日、体温を測定して記録し、帰国者・接触者相談センターから受診を勧められた医療機関を受診してください。複数の医療機関を受診することはお控えください。

医療機関を受診する際にはマスクを着用するほか、手洗いや咳エチケット(咳やくしゃみをする際に、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖を使って、口や鼻をおさえること)の徹底をお願いします。

家庭内で注意していただきたいこと

ご家族などに新型コロナウイルスの感染が疑われる場合は、家庭内で以下の点にご注意ください。

  1. 感染者と他の同居の部屋を可能な限り分ける
  2. 感染者の世話をする人は、限られた方(一人が望ましい)にする
  3. できるだけ全員がマスクを使用する
  4. こまめに手洗い・うがいをする
  5. 日中はできるだけ換気をする
  6. 取っ手、ドアノブなどの手で触れる共用部分を消毒する
  7. 汚れたリネン、衣服を洗濯する
  8. ゴミは密閉して捨てる

新型コロナウイルスの感染が疑われる人がいる場合の家庭内での注意事項(厚生労働省HP)

家庭内でご注意いただきたいこと〜8つのポイント〜.pdf(250KB)

家庭・施設での消毒について

消毒には、アルコール(70%以上)や次亜塩素酸ナトリウム(0.05%)を含ませたペーパータオル等で拭くことが効果的です。

新型コロナウイルス感染症市民向けハンドブック(第2版)

アルコールがない時の消毒・除菌について

お問い合わせ

健康づくり支援課
電話:0293-43-1111