インフルエンザが流行しています

2019年1月25日

○インフルエンザが流行しています

平成31年1月17日付けで茨城県内全域に「インフルエンザ警報」が発令されました。

昨シーズンとほぼ同時期の警報発令となりますが、その後患者報告数が急激に増加しています。

より一層の感染予防対策を行いましょう。

 

◇インフルエンザの感染予防のポイント

 ・帰宅時の手洗い

 ・咳エチケット(マスクをしましょう、咳やくしゃみをする時は鼻や口をおさえましょう)

 ・適度な湿度の保持

 ・十分な休養とバランスのとれた栄養摂取

 

◇インフルエンザにかかった場合の対応

 ・早めに医療機関を受診しましょう。

 ・安静にして、休養をとりましょう。特に、睡眠を十分とることが大切です。

 ・水分を十分に補給しましょう。お茶やスープなどでも結構です。

 ・一般的に、インフルエンザを発症してから3〜7日間はウイルスを排出すると言われていますので、その間は外出を控えましょう。

 

 咳エチケット(PDF) こちらから

 手洗い方法(PDF) こちらから

 

茨城県保健福祉部保健予防課・茨城県感染症情報センターのご案内 

インフルエンザやノロウイルスに加え、さまざまな感染症に関する情報が詳しく掲載されています。

茨城県保健福祉部保健予防課・茨城県感染症情報センターへは、ちらからどうぞ 

(別にウィンドウが開きます)

 

お問い合わせ

健康づくり支援課
内線:195から197
電話:0293-43-1111