地域おこし協力隊通信 vol.74 檻之汰鷲さん個展開催!

2018年11月30日

地域おこし協力隊 〜富士ケ丘Favoratory(フジガオカ・ファボラトリー)〜

 富士ケ丘から自然や文化など、土地の”FAVORITE(お気に入り)”を見つけて、そこから作品を作り、発信していく"LABORATORY(実験室)”という思いを込めて、地域おこし協力隊と、協力隊とともに地域を盛り上げてくれる人々のチームを「富士ケ丘Favoratory」(フジガオカ・ファボラトリー)と名付けました。あなたも、協力隊とともに地域を盛り上げるファボラー(メンバー)になってみませんか?

 

vol.74 檻之汰鷲さん個展開催!

 地域おこし協力隊アーティスト石渡のりお&ちふみ夫妻のアートユニット「檻之汰鷲(おりのたわし)」さんが個展を開催します!

 その名も、「生活芸術商売」展。

 北茨城市でインスピレーションを受け、作成された作品も多数展示されます。

 12月1日(土)から12月9日(日)まで、有楽町マルイ8階で開催!

 ぜひ、足をお運びください☆

 

 「生活芸術商売」展

 「生活芸術商売」展 by 檻之汰鷲(おりのたわし)

 2018年12月1日(土)〜12月9日(日)

 11:00〜21:00(日・祝は10:30〜20:30)

 有楽町マルイ8F

 「有楽町駅」JR中央口/有楽町線「有楽町駅」D7出口より徒歩

 

 太陽の村

 『太陽の村』 Sun of village

  1560×1410mm

 Painting,Original frame

 

 折角だから、北茨城市ならではの展示もしたい、そして誰でも参加できる展示にしたいとのことで、五浦天心焼でイノシシを作るワークショップも行うとのことです♪

 天心焼イノシシ

 こちらは、ちふみさんが作ったイノシシ。

 皆さんが作ったイノシシを窯で焼いて、後日郵送にてお届けしてくれるそうです。

 奮ってご参加ください☆

 

  そして、檻之汰鷲さんが2冊目の本を出版されます。

 1冊目の「生きるための芸術」は、石渡さんがアートで生きていこうと決めたきっかけや、その後の海外を旅しながらの創作活動の模様が描かれていましたが、2冊目となる「漂流夫婦、空き家暮らしで野生に帰る。」は、日本に戻ってからのお話、そして、北茨城市に移住してからのお話が書かれています!

 12月20日から発売となりますが、12月1日からの個展で先行発売されるとのことです。

 個展に足をお運びいただけた方は、ぜひ本も手にしてみてください♪

 漂流夫婦、空き家暮らしで野生に帰る。

 

 これまでの地域おこし協力隊の活動もぜひご覧ください☆

 地域おこし協力隊通信のバックナンバーはこちら↓

 地域おこし協力隊

お問い合わせ

企画政策課
電話:0293-43-1111
ファクシミリ:0293-42-7308