ラピッドカーについて

2018年7月9日

ラピッドカー

 北茨城市、日立市、高萩市(県北臨海3市)は、株式会社日立製作所日立総合病院と協定を結び、平成28年4月1日からラピッドカーを運用しています。

 ラピッドカーとは、消防からの要請により、心肺停止など重症な患者さんの治療をいち早く行うため、医師、看護師を乗せ救急現場まで出場します。

 

 北茨城市では、平成28年度運用開始から29年度まで、出場117件、心肺停止からの社会復帰を3人、心疾患や交通外傷等において奏功事例があり、365日

 24時間体制で運用しています。

 

よくある質問

 Q1 どんな時に出場するのか?

 A1 心肺停止又は重症と判断した場合、事故等で救出に時間がかかる場合、多数の傷病者が発生した場合などです。

 

 Q2 市民が直接要請することができますか?

 A2 市民の皆様は要請できません。

    119番を受ける「いばらき消防指令センター」や救急隊の判断で要請します。

 

 Q3 どこまで来てくれますか?

 A3 北茨城市、日立市、高萩市内すべてに出場します。

 

 Q4 費用はかかりますか?

 A4 医師が現場に出向くことから、診療報酬制度に基づき往診料がかかるほか、処置をした場合、病院を受診した場合と同様に処置料がかかります。

 

          

 

 

               ラピッドカー運用について

お問い合わせ

消防本部警防課
救急係 田崎
電話:0293-42-0119
ファクシミリ:0293-43-2690