火災による死者が発生しました!火の取り扱いに注意しましょう!

2018年2月1日

平成30年1月31日 深夜、札幌市東区の自立支援施設にて、

11人が亡くなる火災が発生しました。(2月1日9時現在)

時折雪がチラつきますが、空気は乾燥していて火災の起こりやすい気象条件です。

小さな火でも、大きな火災になる危険性があります。

火の取り扱いには、ご注意をお願いいたします。

 

テーブルタップ(コンセント)などの配線器具からの火災も多発しています。 

http://www.nite.go.jp/jiko/chuikanki/press/2016fy/prs170126.html

 

市民の皆さんのお力添えをいただき、

安心して暮らせる・安全な街づくりにぜひご協力をお願いします!

 

・風の強い日は、火の取り扱いにご注意を!

・火を取り扱う際は、消火用具を!

・お出かけの際には、もう一度火の元の確認を!

 

北茨城市消防本部 予防課 

 

   消防2.png消防士2.png

   火の元に気をつけて、今日も良い一日を!  あんちゃん・こうちゃんより!

   住宅用火災警報器も設置してね!

  https://www.fdma.go.jp/html/life/yobou_contents/materials/movie/mov15.html ←総務庁消防庁ホームページより

お問い合わせ

消防本部予防課
電話:0293-42-0119