地域おこし協力隊通信 vol.40 ARIGATEE(揚枝方古民家)がさらに進化!

2018年1月26日

地域おこし協力隊 〜富士ケ丘Favoratory(フジガオカ・ファボラトリー)〜

 富士ケ丘から自然や文化など、土地の”FAVORITE(お気に入り)”を見つけて、そこから作品を作り、発信していく"LABORATORY(実験室)”という思いを込めて、地域おこし協力隊と、協力隊とともに地域を盛り上げてくれる人々のチームを「富士ケ丘Favoratory」(フジガオカ・ファボラトリー)と名付けました。あなたも、協力隊とともに地域を盛り上げるファボラー(メンバー)になってみませんか?

 

vol.40 ARIGATEE(揚枝方古民家)がさらに進化!

 地域おこし協力隊の石渡夫妻が、関わる皆さんすべてが「ありがとう」という気持ちになる家を目指して「ARIGATEE(ありがてぇ)」と名付けた揚枝方の古民家、旧有賀邸。

 石渡夫妻の手により着々と改修が進んでいます!

 

 <改修の対象となる古民家>

 石渡さん活動場所

 住所:北茨城市関本町富士ケ丘2517

 電話:0293-24-5231

 

 ↓改修は、このようなイメージで行います。

 揚枝方空き家改修平面図

 後付の和室を撤去し、広がった土間に明かり取りが付いて、空間が明るくなりました。

 明かり取り

 

 上の写真の右側に写っている戸の円窓から見える景色はこちら。

 円窓から見える景色

 ちょうど雪が降った日で、とても風情のある眺めです。

 

 台所の改修も劇的!

 改修前はこんな感じ↓

 台所(改修前)

 

 まずは、古くなったシンクや棚を撤去。

 台所(撤去後)

 ここまでは、地域おこし協力隊通信vol.31でも公開した写真です。

 ここまででもかなりすっきりし、床もきれいになりましたが、現在はここまで改修が進みました!

 台所

 シンクも棚も、古民家に残されていた家具を再利用して設置したもの。見事なアイディアですね!

 

 この後、台所の床と、手前の和室の床も張替え。

 台所・台所脇和室床改修

 ピカピカの床になりました!

 この床板も廃材を利用したもの。まさに石渡夫妻ならではの「生活芸術」!

 

 3月に開催される地域おこし協力隊主催「桃源郷芸術祭2018」において会場の一つとなるARIGATEE。

 この古民家自体が石渡夫妻の作品であるとともに、ギャラリーとして内部に作品や改修を進める中でこの古民家から出てきた様々な資料も展示します!

 どんな空間になるのか、皆さんもぜひ、芸術祭の折には揚枝方まで足をお運びください☆

 

 芸術祭の期間外でも見学可能です。 

 お近くにお越しの際は、ぜひ改修の様子をご覧にお立ち寄りください♪

 ※常に上記活動場所にいる訳ではありませんので、訪問される際は事前にお電話にて在否をご確認ください。

  (電話番号:0293-24-5231)

 

 今後も改修の様子を随時アップしてまいります!

 石渡さんのツイッターでも改修の様子が呟かれています。ぜひご覧ください☆

 Twitter:NORIOISHIWATA

地図

地域おこし協力隊活動場所

お問い合わせ

企画政策課
電話:0293-43-1111
ファクシミリ:0293-42-7308