地域おこし協力隊通信 vol.36 ARIGATEE(揚枝方古民家)が居心地の良い空間に

2017年12月28日

地域おこし協力隊 〜富士ケ丘Favoratory(フジガオカ・ファボラトリー)〜

 富士ケ丘から自然や文化など、土地の”FAVORITE(お気に入り)”を見つけて、そこから作品を作り、発信していく"LABORATORY(実験室)”という思いを込めて、地域おこし協力隊と、協力隊とともに地域を盛り上げてくれる人々のチームを「富士ケ丘Favoratory」(フジガオカ・ファボラトリー)と名付けました。あなたも、協力隊とともに地域を盛り上げるファボラー(メンバー)になってみませんか?

 

vol.36 ARIGATEE(揚枝方古民家)が居心地の良い空間に

 地域おこし協力隊の石渡夫妻が、関わる皆さんすべてが「ありがとう」という気持ちになる家を目指して「ARIGATEE(ありがてぇ)」と名付けた揚枝方の古民家、旧有賀邸。

 このARIGATEEに、とても居心地の良い空間が誕生しました!

 

 <改修の対象となる古民家>

 石渡さん活動場所

 住所:北茨城市関本町富士ケ丘2517

 電話:0293-24-5231

 

 ↓改修は、このようなイメージで行います。

 揚枝方空き家改修平面図

 それは、上の改修平面図にある「創作活動室 和室 8帖」という部分。

 改修前は、こんな感じのお部屋でした。

 和室改修前

 

 それが、今はこんな姿に!

 日差し

 今は、雨戸も開け放っているので、日差しが入って何とも穏やかな空間です。

 

 改修とはいっても、ここはそれほど手を入れた訳ではなく、畳をきれいに拭いて、元々あった家具の中から選んで配置し直しただけなんです。

 応接セット

 それでここまで素敵な空間に仕上げるとは、これぞ石渡夫妻のセンスですね!

 改修現場の視察と諸々の打ち合わせのため訪れた筆者も、この空間の居心地の良さに、すっかりくつろいでしまいました。

 

 写真の左側に見える和箪笥は、こんな感じに飾られています。

 和箪笥と花

 上に乗っているのは、ちふみさんが庭から採ってきた植物を活けたもの。

 器は、のりおさんが陶芸講座で焼いたビアジョッキだとか。

 すっかり花器になってしまってますね。

 

 3月に開催される地域おこし協力隊主催の北茨城版芸術祭では、どこまで改修が進んでいるでしょうか!?

 皆さんもぜひ、芸術祭の折には揚枝方まで足をお運びいただき、このほっこりとした空間をお楽しみください♪

 そして、空き家となっていた古民家に命を吹き込み、生きた家に再生させる石渡夫妻の「生活芸術」を体感してください☆

 

 芸術祭の期間外でも見学可能です。 

 お近くにお越しの際は、ぜひ改修の様子をご覧にお立ち寄りください♪

 ※常に上記活動場所にいる訳ではありませんので、訪問される際は事前にお電話にて在否をご確認ください。

  (電話番号:0293-24-5231)

 

 今後も改修の様子を随時アップしてまいります!

 石渡さんのツイッターでも改修の様子が呟かれています。ぜひご覧ください☆

 Twitter:NORIOISHIWATA

地図

地域おこし協力隊活動場所

お問い合わせ

企画政策課
電話:0293-43-1111
ファクシミリ:0293-42-7308