1歳未満の乳児にハチミツを与えないでください

2017年4月13日

妊産婦、乳児の保護者と乳児に関わる方へ(食べ物について知っておいてほしいこと)

 

国内初の乳児ボツリヌス症での死亡事例がありました。乳児ボツリヌス症を予防するため満1歳まで

ハチミツは与えないでください。

 

◎今回の事例

東京都足立区において5か月の乳児に、はちみつの摂取が原因と推定される(ジュースにはちみつを混ぜて与えたことによる)

乳児ボツリヌス症による死亡事例が発生しました。

 

<乳児ボツリヌス症とは>

乳児ボツリヌス症は、1歳未満の乳児にみられるボツリヌス症で、原因食品と共に体内に摂取されたボツリヌス菌の芽胞(植物

に例えると種子のような耐久型の菌の状態)は、乳児の腸管内で毒素を産生し、ボツリヌス症を発症します。乳児の腸内細菌叢

が成人と異なるために起こる疾病です。

 

<症状>

便秘、筋力の低下、哺乳力の低下、泣き声が小さくなる等が認められます。

 

<原因食品>

乳児ボツリヌス症の主な原因食品は、はちみつです。原因不明の事例もありますが、はちみつ以外、原因食品が確認された事例

はほとんどありません。

 

<予防方法>

乳児ボツリヌス症の予防は1歳未満の乳児には、ボツリヌス菌の芽胞に汚染される可能性のある食品(はちみつ等)を与えない

ことです。

 

厚生労働省 乳児ボツリヌスについては→こちらから

 妊娠中、またはこれから妊娠を予定している方へ

妊娠中に注意が必要な食中毒菌と、避けた方が良い食べ物があります。 

妊娠中は一般の人よりもリステリア菌に感染しやすくなります。

例) ナチュラルチーズ(加熱殺菌していないもの)、肉や魚のパテ、生ハム、スモークサーモンなどはリステリア菌に汚染されてい

る場合があります。

 

より詳しいリーフレットは下記

これからママになるあなたへ (表裏)→こちらから

お魚について知っておいてほしいこと →こちらから

 

 

                               問い合わせ先  健康づくり支援課 43−1111 内線195〜198

 

 

お問い合わせ

健康づくり支援課
電話:0293-43-1111