急な病気やけがで迷ったら...「救急受診ガイド」2014年版

2016年10月4日

 病院に行った方がいいのか、行くならば、救急車を呼んだ方がいいか、自分で病院やクリニックを受診した方がいいか、どれくらい急いで受診した方がいいかなどについて判断することは、なかなかむずかしいものです。 

 「救急受診ガイド 2014年版」は、急な病気やけがをして「病院を受診した方がいいか?」「救急車を呼んだ方がいいか?」と迷った時に、ご自身の判断の一助になることを目的に、消防庁でおこなった「緊急度判定体系に関する検討会」において、日本救急医学会監修のプロトコルを基に作成されています。 

   ■病院やクリニックに行った方がいいかどうか?

   ■救急車を呼んだ方がいいかどうか? 

など、迷ったときは、ご利用ください。

                             救急受信ガイド2014.pdf(7MB)

お問い合わせ

消防本部警防課
電話:0293-42-0119