在外選挙制度

2018年6月1日
 在外選挙制度とは、国外に居住する日本国籍を有する方(18歳以上)が、国内で行われる国政選挙に参加できる制度です。
 ただし、投票するには「在外選挙人名簿」に登録され「在外選挙人証」の交付を受ける必要があります。
 

在外選挙人名簿の登録申請

 
 ○出国時申請(平成30年6月1日から)
 
   国外への転出届を提出する際に選挙管理委員会に申請します。
 
 
 
 
 
 
 ○国外の居住地の在外公館申請 
 
   申請者本人又は同居家族等が居住地を管轄する在外公館(大使館、総領事館など)に申請します。
 
 

在外選挙人証の交付

 在外選挙人名簿登録後は、投票時に必要な「在外選挙人証」が選挙管理委員会から在外公館を通じて
 本人へ交付されます。
 
 

在外投票の方法

 投票方法は、選挙の度に選挙人が任意に在外公館投票、郵便投票または帰国投票の選択ができます。 
 
 
 

外部リンク

制度・しくみについて詳しくはこちらをご覧ください。

 

外務省・在外選挙

お問い合わせ

総務課
選挙管理委員会事務局(総務課内)(内線:321・322)
電話:0293-43-1111