感染症にご注意ください

2016年12月3日

○ノロウィルスに注意しましょう。

ノロウィルスが原因でおう吐や下痢を起こす方が増えています。
ノロウィルスは、口から体内に入って感染します。日頃から、外出後、調理前、食事前、トイレ後などには、必ず石けんで手を洗う習慣を身につけ、感染を予防することが大切です。
また、二次感染を防ぐため、患者のふん便やおう吐物の処理をする場合は、使い捨ての手袋やマスクを着けるなどして、取り扱いに十分注意してください。
さらに、汚物を処理した後は、石けんでしっかり手洗いをするとともに、うがいもするようにしましょう。

 (参考)ノロウィルスに注意!!   (茨城県保健福祉部作製ノロウィルスに注意(1MB)

○インフルエンザ予防接種の助成制度と対応について

インフルエンザは、咳やくしゃみに含まれるウィルスを吸いこんだり、ウィルスがついた手で口や鼻に触れることで感染すると考えられています。
インフルエンザにかからないようにするためには、「手洗い」「うがい」「咳エチケット」などの予防に心がけましょう。
インフルエンザ予防接種を受けておくと、重症化を防ぐことができます。予防接種から免疫がつくまでには、約1か月かかりますので、早めの接種をお勧めします。
なお、予防接種費用の助成制度がありますので下記をご覧下さい。

 

(参考)インフルエンザの予防について(茨城県保健福祉部作成PDFファイル 316KB)

  平成28年度インフルエンザ予防接種の助成制度はこちらから 

○成人用肺炎球菌予防接種の助成制度について

平成28年度成人肺炎球菌の予防接種の助成についてはこちらをご覧下さい。

茨城県保健福祉部保健予防課・茨城県感染症情報センターのご案内

上記のノロウィルスやインフルエンザに加え、さまざまな感染症に関する情報が詳しく掲載されています。

茨城県保健福祉部保健予防課・茨城県感染症情報センターへは、ちらからどうぞ 

(別にウィンドウが開きます)

 

お問い合わせ

健康づくり支援課
内線:195から197
電話:0293-43-1111