きたいばらき男女共同参画プランの概要

2012年4月24日

第二次世界大戦後、新憲法が制定され女性の参政権が認められるなどの法制度の整備とともに、様々な場面で女性が活躍するようになりました。

しかし、「男は仕事、女は家庭」という性別役割分担意識、性別で人の生きかたが定められる傾向がいまだに残っています。

北茨城市では、平成13年に市民の代表による女性行動計画委員会を設置し、男女共同参画に関する諸議論を進める一方、市民アンケート、市の事務事業の調査などを実施し、国・県の計画、市の総合計画など関連する諸計画との連携を図りながら、男女共同参画社会基本法に基づき「きたいばらき男女共同参画プラン」を策定しました。

市では、この計画を基に、これからさまざまな施策を進めていきます。

この「きたいばらき男女共同参画プラン」は、市行政だけでは解決できないものも多く、国・県などの関係機関との連携とともに、市民及び事業所も一緒になって推進して行くことが大切です。

みなさんの理解と協力で、男女共同参画社会を実現しましょう。

お問い合わせ

まちづくり協働課
協働推進係(内線:192)
電話:0293-43-1111