母子・父子・寡婦福祉資金

2008年4月2日

県では、ひとり親家庭および寡婦を対象とした無利子又は低利の融資制度を実施しています。
この母子・父子・寡婦福祉資金貸付金は、ひとり親家庭及び寡婦の経済的自立を図るため(お子さんの進学、親自身の技能習得や転宅など)に資金を貸し付ける制度です。

※平成26年10月から父子家庭も対象になりました。

福祉資金には下記の種類があります。

 

修学資金 就学支度資金 技能習得資金
修業資金 就職支度資金 医療介護資金
生活資金 住宅資金 転宅資金
結婚資金 事業開始資金 事業継続資金

※修学資金、就学支度資金、修業資金は無利子。その他の資金は、保証人ありの場合は無利子。保証人がない場合は年1.5%となります。詳しくはこちらの「融資を受けたいとき」をご覧ください。

 

○貸付申請までの流れ

  1.  相談(市社会福祉課または県北県民センター)
  2.  県北県民センターの母子・父子自立支援員との面談(家庭の状況や経済的な状況等の聞き取り、調査書の記入及び収支計算表の作成)
  3.  保証人との面接(保証人ありの場合)
  4.  面談の結果・審査により、申請書提出となります。

※貸付にあたっての注意

 ・相談時、就労無し、借入金・税金滞納有りの場合は、貸付できない場合があります。

 ・資金の貸付にあたっては、資金の必要性や返済についての審査があり、審査には日数を要するため、余裕をもって相談してください。

 

詳しくは下記へお問い合わせください。

母子・父子・寡婦福祉資金に関するお問い合わせ先

子育て支援課 児童福祉係 TEL 0293-43-1111 内線134

お問い合わせ

子育て支援課
児童福祉係 (内線:134)
電話:0293-43-1111