神岡上古墳群第3号墳出土遺物(文化財)

2013年2月25日

神岡上古墳群第3号墳出土遺物345点

七鈴鏡(しちれいきょう)1点、鉄族(てつぞく)32点、両頭金具(りょうとうかなぐ)5点、刀子(とうす)3点、直刀(ちょくとう)4点、刀装具(とうそうぐ)7点、ガラス小玉(こだま)10点、ガラス勾玉(まがたま)1点、耳環(じかん)2点、須恵器(すえき)8点、土師器(はじき)6点、土製模造品266点(鏡形土製品26点、勾玉形土製品103点、小玉形土製品137点)

  • 指定県指定有形文化財
  • 種類考古遺物
  • 所在地北茨城市歴史民俗資料館(北茨城市磯原町磯原130-1)
  • 管理者北茨城市
  • 指定年月日平成25年1月24日
  • 解説神岡上古墳群は、砂丘上に立地する古墳時代後期の遺跡である。
    第3号墳は、直径約33mの円墳で、全長8.4mの横穴石室を有している。
    平成6年度に市の下水道終末処理場建設に伴って発掘調査が行われた。
    石室内からは七鈴鏡をはじめとする多数の遺物が出土した。
    奥壁から2mほど離れて出土した七鈴鏡は直径約12.6㎝、周囲に直径2㎝前後の鈴が七つ付けられている。
    墳丘上から出土した土製模造品、須恵器、土師器は、古墳時代後期の祭祀を知る上での重要な資料となっている。

七鈴鏡



 

お問い合わせ

生涯学習課
(内線:431)
電話:0293-43-1111