木造 阿弥陀如来及び両脇侍像(文化財)

2009年1月26日

木造 阿弥陀如来及び両脇侍像の写真

指定

市指定文化財

種類

彫刻

所在地

華川町中妻

指定年月日

平成7年7月21日

解説

華川町中妻にある石沢寺の本尊、阿弥陀如来座像は、高さ69.2cm、台座高18.0cmである。左脇侍の観世音菩薩立像は高さ84.5cm、右脇侍の地蔵菩薩立像は高さ74.9cmである。3尊ともに榧材の一木彫成像で、平安時代末期、12世紀後半頃の製作と思われる。後補部分もみられるが、それでも当初の像容を完全に失ってはいない。阿弥陀如来、脇侍に観世音・地蔵の両菩薩を配する形式は、非常に珍しく、当初からこの形式をとっていたかどうかは明らかではない。

お問い合わせ

生涯学習課
(内線:433)
電話:0293-43-1111