大峯の行者(文化財)

2009年1月26日

大峯の行者の絵画

指定

市指定文化財

種類

絵画

所在地

磯原町大塚

指定年月日

平成7年7月21日

解説

「大峯の行者」の作者、飛田周山は、明治10年(1877)、磯原町大塚(旧多賀郡大塚村)に生まれた。日本美術院研究所などで日本画を学び、大正、昭和期の画壇において活躍を続けた。同地にある長福寺には、彼の銅像とともに顕彰碑が建てられている。

「紀元二千六百年奉祝展」に出品された、紙本彩色、長さ234.5cm、幅147.3cmのこの作品は、昭和15年、周山晩年(63歳)の大作である。

お問い合わせ

生涯学習課
(内線:433)
電話:0293-43-1111