要介護状態区分とサービスの上限

2015年2月23日

 要支援・要介護の認定を受けた人は「どの程度介護が必要か」によって7段階に分かれます。重い介護を必要とする人ほど、介護保険での月のサービスの支給限度額も高くなります。

在宅サービスの限度額

 介護保険の主な在宅サービスを利用するには、要介護状態区分別に、介護保険から給付される上限額(支給限度額)が決められています。利用者負担は、原則としてサービスにかかった費用の1割です。

主な在宅サービスの支給限度額

要介護状態区分1か月の支給限度額
要支援1 50,030円
要支援2 104,730円
要介護1 166,920円
要介護2 196,160円
要介護3 269,310円
要介護4 308,060円
要介護5 360,650円

施設サービスの費用

介護保険施設に入所した場合には

  1. サービス費用の1割
  2. 食費
  3. 居住費
  4. 日常生活費

が利用者の負担となります。

お問い合わせ

高齢福祉課
介護保険係 (内線:125から129)
電話:0293-43-1111