夢窓窟(文化財)

2009年1月26日

夢窓窟の写真

指定

市指定文化財

種類

史跡

所在地

磯原町磯原

指定年月日

昭和59年7月5日

解説

磯原町の吟龍院から西に、古墳時代後期の墓である尾形山横穴群が広がっている。この中の1基、大型の家型横穴墓が夢窓窟である。羨道部と玄室部が残されており、玄室は長さ5.1m、幅2.8m、奥壁高2mである。奥壁部には段差によって、棺座が区画されている。

嘉元3年(1305) 5月、地元の比佐居士の元に滞在し、そこで悟りを開いたという鎌倉時代の禅僧夢窓国師が、この横穴墓で座禅を組んだという言い伝えがある。

お問い合わせ

生涯学習課
(内線:433)
電話:0293-43-1111