国民健康保険税

2016年8月1日

 

 国民健康保険は、国や県、市の負担する費用のほか、加入している人が出し合う国民健康保険税で運営されています。税率は、国民健康保険全体の医療費などに応じて決められるため、医療費が大きく変ったときなどは、次の年に変更されることがあります。

税率

 医療保険分後期高齢者
支援金等分
介護保険分
(40~64歳の方)
1 所得割額(前年の所得額に対して) 7.5% 2.5% 2.1%
2 資産割(固定資産税額に対して) 35.0% 11.7% 8.0%
3 均等割(1人あたり) 20,500円 6,500円 10,000円
4 平等割額(一世帯につき) 17,500円 5,500円 6,000円
賦課限度額(1~4の合計の限度額) 540,000円 190,000円 160,000円

介護保険分は40歳から65歳未満の人だけが対象となります。
年度の途中で国民健康保険に加入したり、辞めたときは税額は月割計算されます。

国民健康保険税の計算方法はコチラ

 

 

国民健康保険税の納付

国民健康保険税決定通知書は毎年7月中旬に世帯主宛に送付します。
国民健康保険税の納税義務者は世帯主です。世帯主が国民健康保険に加入されていない場合でも、その世帯に国民健康保険加入者がいれば、世帯主に課税されることになります。

 

○納付方法について

納付方法は次のいずれかとなります。

1.納付書

納付書は金融機関やコンビニでご利用いただけます。必ず納期限までにご納付ください。

2.口座振替

各納期の納期限日(一括での支払いを希望された方は第1期の納期限日)に指定された金融機関から国民健康保険税が引き落としとなります。口座振替をご希望される方は金融機関で直接手続きしてください(市役所での手続きは不要です)。

3.特別徴収(年金天引き)

国民健康保険被保険者全員が65歳以上75歳未満の世帯の保険税は、世帯主の年金から天引きされます。ただし、下記の場合は、上記1または2によってご納付いただくようになります。

(1)世帯主が国保被保険者以外の場合 (世帯主が後期高齢者医療保険被保険者・社会保険被保険者の場合など)
(2)年金が年額18万円未満の場合
(3)介護保険料の天引きと合わせた額が年金額の2分の1を超える場合

 

○国民健康保険税の納期について

国民健康保険税の納期は、7月・8月・9月・10月・11月・12月・1月・2月の8回です。

 

○年度の途中で加入・喪失した場合

国民健康保険税決定通知書送付後に、加入者の人数や所得の変更等があった場合は、再計算したうえで随時変更後の通知書をお送りします。なお、納め過ぎの国民健康保険税がある場合は還付します。
また、社会保険等に加入された場合でも国民健康保険は自動的に喪失となりません。必ず市役所保険年金課へ国民健康保険の喪失の手続きにご来庁ください。
喪失手続をされなかった場合、本来支払う義務のない国民健康保険税が課税されたままとなってしまいます。

 

 

軽減制度

国保税には、所得に応じて平等割・均等割の金額を7割、5割、2割とそれぞれ軽減する制度があります。
また、災害などのやむを得ない事情により保険税の納付が困難な場合は、早めに保険年金課保険係にご相談ください。

 

 

国民健康保険税に関するお問い合せ先

保険年金課保険係 TEL 0293-43-1111 内線 181~184

国民健康保険の制度についてはこちらをごらんください

お問い合わせ

保険年金課
保険係(内線:181から184)
電話:0293-43-1111