印鑑登録

2015年3月24日

印鑑登録と実印

印鑑登録とは

手持ちの印鑑を、あなた個人のものとして公に立証するために登録することです。

実印とは

印鑑登録した印鑑を実印といい、不動産の登記や金銭貸借などに使われ、あなたの財産を守る大切なものです。

印鑑登録するには

印鑑登録しようとする人が印鑑を持ってきて、窓口で直接申請してください(平日のみ)。

印鑑を登録できる人

 北茨城市に住民票がある人で、15歳以上の人。ただし成年被後見人を除きます。

届出人

必ず本人が直接手続きをしてください。

必要書類

登録する印鑑、官公署が発行した顔写真入りの身分証明書

登録証

登録手続きが終わると印鑑登録証(カード)を発行します。
印鑑の登録・廃止には官公署が発行した顔写真入りの身分証明書が必要です(免許証・写真入りの住基カード・身体障害者手帳など)。
※顔写真入りの身分証明書がない場合や病気など、やむを得ない理由で代理人に依頼するときは、市民課市民係までお問い合わせください(代理人による登録の場合、即日交付できません)。

登録料は200円です。

登録できる印鑑は

登録できる印鑑は1人1個です。印鑑の形状、材質などは次のとおりです。

印鑑の表示

  • 氏名を完全に表したもの
  • 氏だけを表したもの
  • 名だけを表したもの

氏名や枠が欠けているなど、印鑑によっては登録できないものもあるのでご注意ください。

大きさ

  • 一辺が8ミリを超え25ミリ以内の正方形に収まるもの

材質

  • ゴム印など変形しやすい材質のものは使用できません。

印鑑登録証明書の発行

印鑑登録証明書交付申請書に必要な事項を記入し、印鑑登録証(カード)を添えて申請してください。印鑑を持参する必要はありません。
 代理人が請求するときは、本人の印鑑登録証(カード)を必ず持参してください。
また、本人の住所・氏名・性別・生年月日や証明書の必要枚数などを窓口で確認させていただきますので、必ず本人から伺ってください。

印鑑登録の廃止・変更

印鑑登録証をなくしたとき

印鑑登録証亡失届をしてください。

実印をなくしたとき・印鑑を変えるとき

印鑑登録廃止届をしてください。このときは発行済の印鑑登録証は返還していただく必要があります。必ず印鑑登録証を持参してください。

再度登録したいとき

もう一度新たに登録手続きをしてください。
印鑑の登録・廃止には官公署が発行した顔写真入りの身分証明書が必要です

印鑑登録に関するお問い合わせ先

市役所市民課 TEL 0293-43-1111(内線:174から176)

関連ワード

お問い合わせ

市民課
市民係(内線:174から176)
電話:0293-43-1111