外国人の方の住民登録制度について

2012年5月9日

平成24年7月9日から外国人の住民登録制度が変わりました

 『住民基本台帳法の一部改正する法律』が公布され、外国人住民の方も、日本人同様に住民基本台帳法の対象になりました。
これにより、外国人の方の登録手続きが変わりました。

 詳しくは総務省:外国人住民の方へをご覧ください。

外国人住民の方にも住民票が作成されました

 外国人住民の方にも日本人と同様に住民票が作成され,「住民票の写し」の交付が受けられるようになります。日本人と外国人が同一世帯の場合,世帯全員が記載された住民票が発行できるようになります。
対象となるのは,3カ月を超えて在留する方(観光など短期滞在を除く),永住者,特別永住者です。

「外国人登録原票記載事項証明書」について

 外国人登録法の廃止に伴い、市役所で発行していた「登録原票記載事項証明書」は発行ができなくなりました。平成24年7月9日以降の住所等は「住民票」で確認ができますが、以前の居住歴、氏名・国籍の変更履歴や上陸許可年月日など外国人登録に係る情報が必要な場合は、ご本人が直接法務省に開示請求を行うことになります。

請求できる方 
  ・外国人の方本人
  ・外国人の法定代理人

請求・お問い合わせ先
 詳しくは下記にお問い合わせください。関連リンクからも情報が見られます。

 法務省大臣官房秘書課個人情報保護係
  〒100-8977 東京都千代田区霞が関1-1-1
  電話番号:03-3580-4111
  受付:9時30分~12時00分、13時00分~17時00分
  法務省の開示請求については法務省:開示請求の手続きをご覧ください。

法務省の窓口に直接赴くか、郵送で請求します。電話、FAX、インターネットによる請求は受け付けていません。
開示は請求日から30日以内に行われ、窓口でも郵送でも受け取れます。

外国人登録証明書に代わり、「在留カード」または「特別永住者証明書」が交付されます

 中長期在留者の方には入国管理局で「在留カード」が、特別永住者の方には市役所で「特別永住者証明書」が交付されます。現在お持ちの外国人登録証明書は、改正法施行後も一定の期間は在留カード等とみなされますので、すぐに換える必要はありません。切り替え時期等については、法務省のホームページをご覧ください。
※特別永住者の方の申請、交付は今までどおり市役所で行います。

住所変更の手続きについて

 住所変更の際には、在留カードまたは特別永住者証明書を必ずお持ちいただき、市役所で手続きをお願いします。 

手続きの名称

手続きの方法

転入

他の市町村から北茨城市に転入される方は、お住まいだった自治体の役場に転出届をして、転出証明書を発行してもらいます。
引っ越しが済みましたら14日以内に、転出証明書を持って北茨城市に転入届をしてください。

転出

北茨城市から市外や国外に転出される方は、引っ越しする前に、北茨城市に転出届をしてください。

転居

北茨城市内で転居される方は、引っ越しが済みましたら、14日以内に転居届をしてください。

外国人住民の方の届出負担が少なくなりました

 在留資格等の変更をした後,市役所への届出は不要です
在留資格の変更や在留期間の更新、在留カードの更新、氏名や国籍等の変更手続きは、すべて入国管理局で行います。今までは、入国管理局で在留資格等の変更を行った場合は、後日市役所への届け出が必要でしたが、新しい制度では市役所への届け出が不要になりました。 

お問い合わせ先

市民課 0293−43−1111 内線172~176

在留カードに関するお問い合わせ
・法務省入国管理局 http://www.immi-moj.go.jp/
・外国人在留総合インフォメーションセンター 
  0570−013904(平日8:30〜17:15)
  ※IP電話、PHS、海外からは 03−5796−7112

 関連リンク

「新たな在留管理制度がスタート!」 法務省入国管理局
「特別永住者の制度が変わります!」 法務省入国管理局
「外国人住民に係る住民基本台帳制度について」 総務省
「出頭申告のご案内~不法滞在で悩んでいる外国人の方へ~」 法務省

お問い合わせ

市民課
市民係(内線:174から176)
電話:0293-43-1111